純東京英語

日本で英語をおもろく学ぶ方法を実践&発信 ※24歳留学未経験

YouTube動画でシャドーイングをしてみた

※ブログ名変更しました

「Takutoの独学英会話」⇒「純東京英語」

 

こんにちは、Takutoです。

 

一昨日に載せた本田圭佑選手みたく、とにかく英語を耳元で聞いて

 

そのまま発音するようにシャドーイングに挑戦していますが、

 

とても難しいです。

 

昨日の記事はこちら👇

www.takuto95n.com

 

今日はそのシャドーイングについて書いてみます。 

 

 

f:id:takuto95n:20200606202313p:plain

 

 

シャドーイングとは

 

シャドーイングとは、英語の音声を聞いて、

 

聞いた言葉を即座に言葉で発する学習方法です。

 

これをすることにより、リスニング力だけでなく、

 

スピーキング力語彙力の強化にもなると言われています。

 

語彙力の強化とは、単純にシャドーイングをする中で、

 

分からない言葉を調べて理解していくことだとされています。

 

学生時代、TOEICの学習でシャドーイングを行っていましたが、

 

改めてスピーキングの練習として取り入れていきたいと思います。

 

題材にするコンテンツ

 

YouTubeであれば、自分の好きなジャンルで英語を聞くことができます。

 

音楽が好きな人であれば洋楽やその歌手のインタビュー動画を、

 

スポーツが好きな人であればその試合後のインタビューや対談動画などを、

 

それぞれ設定の字幕から「英語(自動生成)」を選択し、

 

英語を確認しながらシャドーイングを行うことができます。

 

実際にトライしてみて分かること

 

僕の場合は、過去にTOEICの教材をいくつか買っているので、

 

その音源を基にまたシャドーイングを始めたいと思います。

 

TOEICは世界中で行われている英語テストであり、

 

特にPart3は会話形式になっているため、

 

英会話として確実に参考になる教材だと思っています。

 

ただ、せっかくなので、YouTubeで自分の好きな教材でも、

 

これからはシャドーイングをして行きたいと思います。

 

まず参考にしたのは僕の好きなプロテニス選手である

 

Roger Federer選手のインタビュー動画👇

 

 僕はよく海外テニスの試合をテレビで観たりしますし、

 

試合後のインタビューなどはよく聞いています。

 

その一部動画はYouTube上にもあがっていて、

 

自動生成される英語を参考にシャドーイングをしました。

 

これから続けて行きますが、昨日まずやってみて感じたのは、

 

意味を理解した上でのシャドーイングであっても、

 

言葉を追って発音することは一文でもとても難しいという事です。

 

正直文字を追いながらではとてもついていけないので、

 

ある程度文章は暗記して、あとは音ベースで発音していくしか

 

シャドーイングをすることができないと感じました。

 

いきなりこのレベルでやるのは難しいので、

 

シャドーイングはTOEICをベースには進めますが、

 

あまりTOEICばかりでもやる気が継続しない(過去経験より)ので、

 

こうした自分の興味のあるコンテンツでも続けていきたいと思います。

 

おわりに

 

今日はシャドーイングについて書いてみました。

 

どの英語コンテンツでも、話せるようになるためには

 

シャドーイングはかなり有効な手段であると書いているので、

 

改めて力を入れていきたいと思います。

 

また、学習項目の中にも、新たにシャドーイングの項目を入れたいと思います。

 

このブログでは、日本にいながら英語を話せるようになりたい人が、

 

少しでも参考になるような情報を、

 

また、自分が試していることや学習プロセスなどもシェアしてます。

 

読者登録いただけると嬉しいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ではでは~

 

★Thank you for reading★