純東京英語

日本で英語をおもろく学ぶ方法を実践&発信 ※24歳留学未経験

初めての英会話カフェ体験談

 

ご覧頂きありがとうございます!

 

GW明けの1週間でしたが、意外とやることが多くてあっという間に感じたTakutoです。

 

このブログでは、24歳から真剣に英会話の学習を始めた僕が、日本にいながら英会話を行う方法について書いたり、英会話初中級者として学習した内容を綴ったりしています。

 

さて、昨日と一昨日は、英会話を始めて間もない僕が、オンライン英会話を中で言えなかったフレーズなどをまとめてみました。

 

本日は、僕が初めて都内の英会話カフェに行った時のお話しをしようと思います。この時の緊張は今でも覚えていて、これから勇気を持って英会話に挑戦する方に、少しでもためになるような情報をお伝えできればなと思います。

 

↓ 一昨日の記事

takuto95n.hatenablog.com

 

↓ 昨日の記事

takuto95n.hatenablog.com

 

目次

 

英会話を本格的に始めたい!何から始めればいい?

 

アメリカ, 書籍, ボックス, 辞書, 英語, 言語, 学習, 学校, 学校用品

 

僕は学生時代に留学は経験していないのですが、英語学習には前々からかなり関心がありました。

 

大学時代も学校の授業にプラスして、TOEICの勉強時間は定期的に確保するようにしていました。社会人になってからも、学生時代よりは時間を割けませんでしたが、それでも時間を作って勉強するようにしていました。

 

ですが、ある時ふとこう思いました。

 

「英語を話せるようになりたいのであれば、もっと英語を話さなきゃだめだ」

 

こう考えて、一度TOIECは区切りをつけ、日本にいながらでも英会話が出来る方法を探し始めました。

 

日本で英会話というと英会話スクールとかオンライン英会話くらいしか知らなかったのですが、いかんせん学生には高い値段だろうなと思い、避けていた部分もありました。

 

オンライン英会話は月10000円以下のものも多いので、今思えば払えない値段ではなかったかなと思いますが、当時はそこまで調べていませんでした。

 

他に何か方法はないのかと思い、「英会話 都内」でググってみると、「英会話カフェ」というキーワードが見つかりました。

 

英会話カフェとは、その名の通り気軽に英会話を楽しむためのカフェや喫茶店のことで、講師などもいなければレッスン形式でもなく、集まった人たち通しで英語で会話しようする空間となっています。

 

会員制のカフェもあれば、一回毎に料金をお支払いするカフェもあります。

 

会員制は月額費用がかかるので、まずは会員のカードなどを作る必要もなく、その場で料金を払って参加でできる英会話カフェに行ってみようと考えました。

 

そこで僕が見つけたのが、「Mickey House」という英会話カフェです。 

 

英会話カフェ「Mickey House」

ここを選んだ最初の理由は、僕が使っている路線内にあり、仕事帰りにも寄りやすいと思ったからです。

 

JR高田馬場駅から徒歩5分程歩いたところに、このカフェはありました。

goo.gl

 

カフェの前につきましたが、ここで一旦足が止まります。

 

行くと決めていたのに足が止まります。。初めての経験なので、ここが一番勇気がいる部分かもしれません。

 

なので先に結論を言うと、初心者テーブルは本当に優しい人ばかりでした。笑

 

会話についていけないなんてことは全くないし、ある程度文法や単語を勉強したことがある人であれば何ら問題ありません。そのテーブルにいる方々は、ほとんど同じレベルだと思います。

 

僕も全く英語を話すことなんてできなかったけれど、周りの人が話している内容が全く分からないってことはほとんどありませんでした。

 

さて、話を戻して、いざ店内へ。

 

店員さんは外国人の方でした。いきなり緊張。

 

安心してください、店員さんはもちろん日本語を話せます。笑

 

ここは一つの不安材料かもしれませんが、安心してください、日本語通じます。

 

店内はとてもアットホームな雰囲気でした。

 

事前にお店のことを調査すると、30年以上も続いている老舗英会話カフェとのことで、日本人はもちろん多くの外国人の方も通う都内でも有名な英会話カフェでした。

 

英語はもちろんですが、このカフェは多言語のテーブルを用意していて、曜日によってスペイン語やフランス語といった他の言語も学ぶことが出来るスケジュールとなっています。

 

また、英会話ド初心者だった僕は、絶対最初は初心者テーブルがある英会話カフェに行きたいと思っていたので、それがこのカフェを選んだ一つの要因だったかもしれません。初心者の方も安心していくことが出来るのは大きなメリットのように思います。

 

その他基本情報は以下の通りです。

・営業時間:平日…昼:13:00~17:00、夜:18:00~23:00

      土曜…13:00~23:00

      日曜…13:00~18:00

・料金:一般…2000円

    学生…1600円

※時間制限無し、珈琲紅茶飲み放題(有料メニュー有)

※2020年5月15日現在の情報

 

 

初めてのリアル英会話…

 

さて、初心者テーブルの方に向かい、ついに英会話が始まります。

 

最初のテーブルは、確か4,5人いました。そのうち一人は、女性の外国人のスタッフで、なんと19歳の人でした。

 

その他は皆日本人で、年齢もバラバラでした。

 

まずは入ると同時に、簡単に自己紹介。

 

不安であればこれくらいは事前に考えていった方がいいかもしれませんね。

 

それが終えると、本当に基本的な質問から会話へ。

 

中高で英語をある程度やっていればもちろん内容を理解することは出来て、そこは問題な(むしろ簡単すぎる)と思うところですが、いざ自分が話そうとすると本当に言葉が出てきません。

 

話そうとするとこんなに言葉が詰まるんだなと改めて実感した瞬間でした

 

結局その日は、話すより聞くことが多かったかと思います。

 

話すのが詰まってしまっても、みんなゆっくり聞いてくれるのですが、それでも恥ずかしい想いになってしまって、なかなか話し始めることができませんでした。

 

でも、途中で、最初はこんなもんだろと割り切れたので、そこからは無理せず聞くことにフォーカスして、話を振っていただいたときに会話にトライするという形で参加していました。

 

英会話中に席を抜けたり、新しい人が入って来たり、移動は割りと自由でした。英会話って慣れないことですが、時間が過ぎるのはあっという間で、気づいたら1~2時間経っていた記憶があります。

 

これが、僕が初めて行った英会話カフェの体験談でした。

 

失敗したっていい、トライあるのみ!

 

行くまでは怖かったのですが、行ったらあっという間の2時間でした。

 

一回行けば、自分がどれほど英語が話せないのか、体感的に分かると思います。

 

僕は絶望でした。こんなに話せないものかと。

 

でもこれもトライしたから分かったことで、ここから自分の英会話学習に火が付き始めました。

 

何より、一歩を踏み出した達成感はとても大きかった。 

 

本格的に英会話をし始めて今月で約5カ月ですが、この一歩踏み出した体験がとてもよかったと今でも思っています。

 

まだまだペラペラの道は遠いですが、これからも英会話を中心に英語学習を続けて行きます。

 

みなさんも、英会話を始めようと思った時は、英会話カフェの初心者テーブルから始めてみてはいかがですか?

 

本日紹介したMickey Houseなどの英会話カフェ以外にも、都内で英会話が出来る場所についてまとめた記事がありますので、良ければこちらものぞいてみてください。

 

takuto95n.hatenablog.com

 

ご覧頂きありがとうございました。

ではでは~

 

★Thank you for reading★